ぐっとこらえて過抽出を防ぐ:コーヒーもビジネスも

E7F0C39F 9237 421C 87B3 8DDB326C29F6

ぐっとこらえて。

コーヒー好き

これまで何度か記事にもしていますが、自他ともに認めるコーヒー好きです。

季節・天候・気温・体調・気分・時間・場所で変わる:コーヒーが好き 産地や焙煎方法、淹れ方はなんでも来いですが:これだけはこだわっています ちょうどいいに合わせる:賞味期限より美味しく飲める期間が知りたい

お時間が許す限り、事務所でもお淹れしていますのでおっしゃっていただければ(^^)

過抽出

過抽出(かちゅうしゅつ)とは、抽出し過ぎている状態のこと。

コーヒーで言うと、ドリップしたときにお湯を注ぎすぎた状態を指して言います。

湯量が多すぎたため、コーヒー豆が出がらしのようになっているということですね。

ただ、色味的には問題なさそうなので、淹れ続けてしまいたい衝動にかられます。

過抽出は、この色味的に問題なさそうというのがポイントです。

もっと抽出できそうな色味でも、味には正直に現れます。

そう、問題なさそうなだけに、こういったことを意識しておかなければいけません。

ぐっとこらえる

過抽出にならないようにするためには、ぐっとこらえることが必要です。

もうちょっといけそうというところでも、ぐっとこらえる。

これは、ビジネスも同じです。

・過度な節税

・役員報酬の増額

・必要以上の消費

それが適度に必要な場面もあります。

ただ、ぐっとこらえなければ、やはり美味しい味は楽しめません。

さらにその美味しい味は、長く続いていくほうが嬉しいですよね。

まとめ

ぐっとこらえて過抽出を防ぐ。

コーヒーもビジネスも。

もうちょっといけそうというところでぐっとこらえる。

長く続けていくためにも必要なことです。

 

 

◉編集後記◉

相続セミナーのゲスト講師を。内容については色々と悩みましたが、いい経験をさせていただきました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ