相続税がかからない?:かからないには2つある

10D4A771 3DB4 433A A91C CF093205790C

どちらか気をつけて。

相続税がかからない

相続税がかからない。

この「かからない」には2つのパターンがあります。

相続税がかからないという結果が同じでも、その経過は違っていることがある。

今回は、そのパターンと注意点についてのお話です。

相続税がかからない2つのパターン

前述したように、相続税がかからないには2つのパターンがあります。

1つめは、相続税の申告と納税が必要ないので、相続税がかからないというパターン。

2つめは、相続する財産について評価減をしたり、控除を適用すると、結果として相続税がかからないというパターンです。

結果は同じですが、経過が違います。

その違いを認識しておかないと、かからないと思っていた税金がかかることになってしまうこともあります。

パターンその1 相続税の申告と納税が必要ない

課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額以下である場合には、相続税の申告・納税をする必要はありません。

これは、税額うんぬんではなく、頭っから申告と納税自体が必要ないというパターン。

当然、相続税はかかりません。

パターンその2 結果として相続税がかからない

相続税には、残された遺族の生活を守るため、算出された税額に対して、または税額が算出される過程において、様々な特例や控除が用意されています。

特にインパクトが大きいのが、配偶者の税額軽減というもの。

ざっくり言うと、相続する人が亡くなられた方の配偶者である場合は、1億6千万円までなら相続しても税金はかかりません。

結果として相続税がかからないパターンとは、こういった控除や評価減、特例を適用した結果として相続税が算出されないというパターンです。

同じ相続税がかからないでも、このパターン2の場合は注意が必要です。

それは、本当はかかっているから。

本当はかかっているのに、かからないようにしている。

そのため、それを満たすための特定の要件が必要です。

その要件を満たさない人が相続した場合、相続税はかかることがある。

つまり、かからないと思っていた税金がかかることになってしまうことがあるということです。

具体的には

亡くなられた方の遺族が、配偶者と子ども2人で、遺産が1億円だったとします。

基礎控除額は、3,000万円+600万円×3人=4,800万円ですから、相続税がかかる遺産は5,200万円。

これなら、前述の配偶者の税額軽減を使えば、相続税はかからないということでよさそうです。

ただここで「相続税はかからないのか。じゃあどうせなら自宅は子どものものにしておこう。相続は後からまた発生するんだから、子どもの名前で登記しておけばいいじゃないか」ということにすると…。

子どもには軽減がありませんので、子どもの名前で登記してしまうと、相続税はかかります。

あえてそうしておいたほうがよい場合もありますが、かからないと思っていた税金がかかることになってしまうとは、こういうことです。

まとめ

相続税がかからない?

かからないには2つある。

「相続税がかからない」と言われると、「そうなんだ。じゃあどうせなら…」となる気持ちはよくわかります。

ただ、この「かからない」には2つのパターンがあります。

その「かからない」は、どちらなのか。

「かからない」で話を進めていくときは、少し注意が必要です。

 

 

◉編集後記◉

高校1年生対象の租税教室に。多人数授業、上手く伝わったかな。何度やっても難しいですね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ