すべての効率化が:すべての人にハマるとは限らない

B66DAB0C C84B 407D 89CA C219CC993893

アナウンスし続けます。

ハマる効率化

単純でつまらない「作業」の要素がどうしても残ってしまう経理などの事務。

そこで必要だと感じるのが、やはり効率化です。

今だと、

・クラウドツール

・ネット上にあるデータの利用

などが代表的なもの。

上手に活用すれば、確実に効率化されます。

ただ、この効率化にもハマるハマらないがある。

効率化には壁があることもまた、実感としてあります。

その壁をあげるとするなら、次の2つです。

その1 過去との決別

・前からそうしている

・これで特に問題がなかった

こういった、変えたくない・変える必要がないと考えていることは、誰にでもあります。

まずはそこから、離れていただかなければいけません。

カッコよく言うと、過去との決別です。

ただ、私にお声掛けいただいているという時点で、このマインドセットはすでにはずれかけているという方が多いのですが…。

さらにあるのが、この問題です。

その2 コストの問題

コストと効率化のバランスをどうするか。

この問題は、なかなか悩ましい問題です。

インターネットバンキングをするにしても、コストがかかります。

確かに便利なのですが、

・利用件数が少ない

・銀行に行くのが苦ではない

という方には、そもそもが響きません。

さらに、それにコスト(主としてお金)がかかるとなると…。

時間に価値をおくならば、やっておいて損はない効率化です。

ただ、コスト的にもハマらなければ、やはりやってみようという気持ちにはなっていただけないというのが実感です。

まとめ

すべての効率化が。

すべての人にハマるとは限らない。

事業は、変化し続けます。

同様に、「作業」も変化させ、効率化させなければいけません。

変えなくてもよい部分も大事にしつつ、観察し、アナウンスし続けていくこと。

私の大事な仕事のひとつです。

 

 

◉編集後記◉

終日研修のため鳥取県倉吉市へ。消費税についての諸々を。面白いので少しづつ記事にしていきます。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ