前日の晩のおかずの残りでやり過ごせることが:フリーランスの価値ではない

8390A421 2EF0 4502 9CAB 4CE32AE68514

選べる自由。

フリーランスのランチ事情

通常、オフィスに勤めている方たちのランチは、お弁当やコンビニ、近くの定食屋、カフェなどの選択肢がありますね。

会社に社員食堂があれば、決まってそこでランチをとるという方もいらっしゃるでしょう。

フリーランスのランチ事情は、基本的に自由。

どのようなランチの取り方をしてもかまいません。

ですので、私もこういったことでやり過ごすことは多いです。

前日の晩のおかずの残り

フリーランスのランチは基本的に自由。

さらに、自宅事務所などプライベートな空間で仕事をしているなら、人目を気にすることもありません。

ですので、前日の晩のおかずの残りでやり過ごす。

そんなこともできます。

手間が省けて嬉しい限り。

さらには、コスト的にも安く上がります。

フリーランス、万歳です(^^)

ただこれが、フリーランスの価値だとは考えていません。

本来の価値は、ここにあるからです。

選ぶことができる

前日の晩のおかずの残りでランチをやり過ごす。

これは、あくまで選択肢のひとつです。

前日の晩のおかずの残りでやり過ごすこともあれば、

・気になる店に行ってみる

・しっかり食事を作る(子供たちがいる場合は特に)

・ランチミーティングをする

そういったランチの取り方もしています。

コストだけで楽しめないランチなら意味がありません。

それらを自由に選ぶことができる。

それこそが本来の価値だと考えています。

まとめ

前日の晩のおかずの残りでやり過ごせることが。

フリーランスの価値ではない。

フリーランスのランチ事情。

前の日の晩のおかずの残りでやり過ごせば、手間もコストも安くすみます。

でも、それだけが価値ではありません。

フリーランスなら、それらを自由に選ぶことができる。

それが価値だと考えています。

 

 

◉編集後記◉

親族集まっての法事。区切りをきちんと意識することは、生きていくうえで大事だなと感じます。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ