2018(平成30)年分年末調整:家計にどれだけお金が残せるかという視点

20CF8A4D FB8F 4EB8 A33E 887AF7562459

最終的にトータルで。

2018(平成30)年分年末調整

2018(平成30)年分の年末調整が、本格的にはじまっています。

最終給与の支給時期によっては、すでに終了しているという事業者の方もいらっしゃるかもしれません。

今年(2018(平成30)年)大きく変わったのが、配偶者控除と配偶者特別控除の取り扱い。

先日(2018.12.3)このような記事を書きました。

2018(平成30)年分年末調整:150万円の壁は所得者本人には関係がない

いわゆる150万円の壁は、控除を受ける人側の話であって、所得者本人(配偶者)には関係がないという内容です。

控除を受ける時には

所得を計算する時に考慮される各種の控除。

前述した配偶者控除や配偶者特別控除もそのうちのひとつです。

ある一定の要件をクリアすれば、それに見合った金額を税金がかかる所得から引いて(控除して)もらえます。

わかりやすいのが、生命保険料控除です。

各人が加入している生命保険(死亡保険や医療保険など)の支払い金額の多寡によって、それに見合った控除を受けることができます。

ただ、これら各種の控除について控除を受ける時には、こういった視点も持っておかなければいけません。

家計にどれだけお金が残せるか

各種の控除を受ける時に持っておかなければいけない視点。

それが、

「最終的にトータルで家計にどれだけお金が残せるか」

という視点です。

前述した生命保険料控除も、支払い金額が多くなればより多くの控除を受けることができることは事実です(上限があります)。

ただ一方で、生命保険料として定期的にお金が出ていくという事実もあります。

家計にお金を残すという視点でみれば、控除を受けずに税金を支払ったほうが、お金は多く残ります。

配偶者控除や配偶者特別控除についても同じです。

150万円の壁や130万円の壁を意識しておくことは必要ですが、結局は、最終的にトータルで家計にどれだけお金が残せるか。

もしかすると、壁を意識せずにしっかり働いたほうが、家計に残せるお金は多くなる。

そういうことになるかもしれません。

まとめ

2018(平成30)年分年末調整。

家計にどれだけお金が残せるかという視点。

最終的にトータルでどれだけお金が残せるかというのは、家計だけでなく、個人事業や会社にも必要な視点です。

税金がどれだけ安くなるかだけを見ていると、つい判断を誤ってしまう。

これは、税金のプロである税理士でさえある話です。

 

 

◉編集後記◉

今日はあったかいらしいよ〜と言うパートナーの言葉を信じ、薄着で出かけた私と次男。二人して寒かったよな〜と^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ