実店舗にある良さのひとつ:事業供用に対する優位性

EDA2F958 1759 4293 8549 B31158CF90D1

使い方によっては有効です。

インターネットショッピング

隆盛をほこっているインターネットネットショッピング。

すっかり日常生活に馴染んで、今や買い物をするのに必要不可欠な選択肢のひとつと言っても過言ではないでしょう。

インターネットショッピングと聞いて、すぐに思いつくAmazonや楽天市場などはもちろん、今では色々な形式でインターネット上の買い物が可能になりました。

買い物はインターネットでしかしないという方もいるかもしれませんね。

決済方法も充実してきていますので、本当に困ることが無くなってきました。

わずらわしさやトラブルを解消しようと変化し続けた結果だと思います。

実店舗

では、じゃあ実店舗はもういらないのかというと、そういう訳ではありません。

以前から言われているように実店舗には、実店舗の優位性があります。

・商品を手にとって確認することができる

・店員さんにその場で聞くことができる

・質感やサイズ感にズレが出ない

実店舗にも、実店舗にしかない良さがあります。

また、税務的にみると、こういったことも実店舗の優位性のひとつです。

事業供用に対する優位性

事業供用とは、実際に事業に使っている様を指して言います。

事業の経費にするためには、この事業供用の状態にあることが欠かせません。

実際にモノがあって、それを事業に使っていて、そのモノが事業の売上に貢献している。

そういった状態です。

その場合、なぜ実店舗に優位性があるのか。

それは、インターネットショッピングでは、どうしても配送というタイムラグができてしまうことにあります。

実店舗での購入なら、購入したらすぐに持ち帰って、使うことができる。

税務的には、事業供用に対する優位性があるという訳です。

まとめ

実店舗にある良さのひとつ。

事業供用に対する優位性。

事業に使うものを事業の経費にしようとする場合は、事業供用が基本です。

・注文しただけ

・発送されただけ

・決済されただけ

では、事業に供したことにはなりません。

実店舗の事業供用に対する優位性。

差し迫った時には、意外と有効かもしれませんね。

もちろん、差し迫らないようにする工夫も必要ですが。

 

 

◉編集後記◉

子供たちの学校でのPTA活動。昨日は暖かくて動くと汗が出ました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ